2009年12月21日

ALL IN ONE 374

374if節内の省略+倒置

Shoud you find this car useful,you can obtaine for free.

I want further information.

Please contact us.

You can feel free to see him.

<if節内の省略+倒置>

仮定法のif節やshoudを含むif節では「ifを省略して文を疑問文の語順に変える」という「省略+倒置」が行われることがあります。いずれもフォーマルな文体や文語で用いる表現方法です。

if S should V = should S V    ビジネスレターでよく用いられる
if S had Vpp = had S Vpp    文語的な表現
if S were = were S         文語的な表現

(例)
If it weren't for the fact he is my boss,I'd punch him.
Were it not for the fact he is my boss,I'd punch him.
彼が私の上司でなければ殴っていただろう。

posted by Atom at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136167704
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。