2009年06月22日

ALL IN ONE 253

253関係副詞:方法・様態を表すthat

He is a sociology lecturer.

I explained to them that ways of thinking differ from human to human.
(differ from ... to ... = vary from ... to ...)
(注)...は同じ名詞がくる

she did the work in the same way that her frined did it.

<方法・様態の関係副詞that>
wayという先行詞を受ける関係副詞はthatですが通常省略します。またフォーマルな言い方でin whichという副詞句を用いる場合もあります。

way that S V ...    比較的まれな言い方
way in which S V ...  堅い内容の文で用いられる
way S V ...       最も一般的な言い方




posted by Atom at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121977789
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。