2010年05月06日

最後に

ALL IN ONEを使った学習をはじめて2年ほど経ちます。

419項目の例文と付録も含めてブログに書いてきましたがいよいよ終りとなりました。

このブログにアクセスしてきた英語学習や英語に興味がある人が英語に親しみ、楽しみながら英語を習得していかれることを心から望みたいと思います。

このブログは基本的に今日で最後となります。新たな気づきがありましたらまた書くことはありますが...。

最後に本の中で著者の高山英士(*名は体を表す。いかにも英語を志すという名前ですね。)さんがおっしゃられていることをご紹介します。

The elevator to success is out of order.You'll have to use the stairs ... one step at a time.

成功へのエレベーターは故障しています。あなたは階段を登らなければなりません...一歩ずつ。

これは最も多くの自動車を販売したセールスマンとしてギネスブックに登録されているJoe Girardの言葉だそうです。

英語の学習においても成功のエレベーターはなく、一段づつ根気よく階段を登っていくことだ大事なのです。

That which we persist in doing becomes easier for us to do;not that the nature of the thing itself is changed,but that our power to do is increased.

継続して行う事柄は容易に行えるようになる。それはその事柄の性質が変わるのではなく我々の力が増すからである。

英語も同じですね。継続して行うことによりだんだんと英語がわかってきて、マスターできるのです。学習に終りはありません。私達の母国語である日本語でもすべてをマスターをしている人はひとりもいません

英語を楽しみながら続けて、多くの人とコミュニケーションをしたり、多くの文化に触れることで人生をより豊かなものにしていきましょう。




posted by Atom at 09:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

付録J[話の流れを示すことば]

6、逆のことを言う場合

しかし but,yet,and yet,however,neverthless
〜だが although 〜,even though 〜,though 〜
それとは逆で on the contrary

7、対比させる場合

対照的に in contrast,by contrast
〜である一方 while 〜,whereas 〜
その一方で meanwhile
一方では;他方では on the one hand;on the other (hand)

8、要約する場合

要するに in short,in brief
要約すると in sum up

9、結果を言う場合

それゆえ so,therefore,thus,hence
その結果 as a result,as a consequence,consequently
結局のところ after all
posted by Atom at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

付録J[話の流れを示すことば]

1、列挙する場合

一番目に first,first of all
二番目に second,secondly
三番目に third,thirdlly
最後に lastly

2、一般論を述べる場合

一般的に in general,generally(speaking),as arule

3、具体例を挙げる場合

例えば for example,for instance
一つには for one thing

4、付け加える場合

付け加えて also,besides,furthermore,in addition
その上さらに moreover,what's more

5、似たようなことを言う場合

同様に similarly,likewise
言い換えると in other words
posted by Atom at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

付録I[句読法について]

8、イタリック(斜字体)

・外来語や書名などに用いる
(例)
Hanami is literally "flower viewing."

・書名、雑誌名、映画などの題名を表すのに用いる
(例)
the mocie Titanic
posted by Atom at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

付録I[句読法について]

7、引用符(""/"")

・人のことばをそのまま引用する場合に用いる
(例)
She said,"I'm so angry".

・短編小説や詩、本の章、エッセイ、雑誌、芸術作品、楽曲などのタイトルに用いる
(例)
the hymn "The load is My Shepherd"

・特定の語を強調したり、(皮肉やひねった言い方などの)特殊な表現を用いる場合に用いる
(例)
They paid a "courtesy call" on the rival gang.
posted by Atom at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

付録I[句読法について]

6、ダッシュ(−)

・文の途中で補足的な説明や具体例を挿入する場合に用いる
(例)
After five hours−they seemed an eternity−the door of the operationg room opened and the surgeon emerged.

・ためらいや口ごもりを表したり間があいていることを示す場合に用いる(この場合、ダッシュの代わりに省略記号(...を使うことも可能)
(例)
Yes,but−

・列挙したものを総括(まとめ)、要約する場合に用いる
(例)
It contained my passport,wallet,and credit cards−everything essential for my trip.

・前文の要点を述べたり補足説明を行う場合に用いる
(例)
I welcome whoever whishes to come,so do bring as many pals as you can−the more,the merrier.
posted by Atom at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。