2010年01月31日

ALL IN ONE 395

395比較級の基本構文

Do you have a hangover ?

My head is very pounding now.

I drank at the reunion last week.

You can do things more than you shoud.

He ended up playing golf.

<比較級の基本構文>

比較の対象を表すthanとasは「前置詞」と「接続詞」の両方で用います。前置詞として用いる場合は後に名詞か目的格の代名詞を置きます。一方、接続詞として用いる場合は後に文を置きますが繰り返しとなる語が省略されるため通常は「不完全な文」になります。

(例)
She is taller than me.
She is taller than I (am).
彼女は私より背が高い。


posted by Atom at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

ALL IN ONE Column 13

多読の効用と方法

多読は一定の単語力と文法力を身につけた中級レベル以上の学習者にとって効果的な学習方法です。ここで言う「多読」とはただやみくもに量をこなすことではなく、「精読しながら数多くの英文を読む」ということです。「(文法と単語の学習が先行しなくても)たくさんの英文を読めばそのうち文法も単語も身につく」という主張もありますがその方法を続けた学習者がいつまでたってもなんとなくしか英文を読めず、また間違いの多い英文を書くという例を見るにつけそのようは方法の欠陥を実感します。

精読しながらの多読は培った文法の運用能力を高め単語に対する理解を深め、さらにそれらを定着させる効果があります。また(単語集ではカバーしきれない)数千語〜1万語レベルの語彙を身につけるための唯一の方法だと思います。

●多読を効率良く行うための注意点

・辞書を引く回数が多すぎると多読の妨げになるのでわからない単語が出てきてもすぐに辞書を引かず、文意の把握にとって重要だと思う単語だけを引く。平均して1行に1つの未知の単語が出てくるような英文は多読に向かないので他のものに切り替える。

・辞書で単語の使い方を調べてもわからない箇所は(時間をかけても自力で解決することは困難なので)飛ばして先に進む。

完璧主義ではなく、90%の理解度でよしとする気持ちが大切です。また初めのうちは辞書を引かなくても読めるルビ訳式の(行間に単語の意味が書かれている)教材か対訳式(できれば文法解釈付き)の教材を使うのが効果的です。
posted by Atom at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

ALL IN ONE 394

394副詞節での主語とbe動詞の省略

If possible,I want to go there soon.

I'd like you to buy someone at this store.

My house is in a state of total chaos.

If necessary,I will help you.

<副詞節での主語とbe動詞の省略>

if、when(ever)、where(ever)が導く副詞節はpossibleやnecessaryを伴ない慣用表現として用いられます。これは「it is(それが)」が省略されたものと考えることもできます。

if possible         もし可能なら
if necessary        もし必要なら
when possible       可能な時は
when necessary     必要な時は
whenever possible    可能な時は常に
whenever necessary   必要な時は常に
where possible      可能な状況では
where necessary     必要な状況では
wherever possible    可能な状況では常に
wherever necessary   必要な状況では常に

  
posted by Atom at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

ALL IN ONE 393

393副詞節での主語とbe動詞の省略

Following his son and daughter,he was running in the park.

I have the computer called a mini book.

A majestic bomber gained velocity and altitude.

When do you know the plane will take off ?

He called her as if I am not here.

The son defied his father.

<副詞節での主語とbe動詞の省略>

「従位接続詞 + Ving」という表現が常に「主語とbe動詞が省略されてできたもの」とは限りません。例えば、

When lifting => When you lift

のように考えることも可能です。

どちらに解釈するかは文脈からの判断となります

posted by Atom at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

ALL IN ONE 392

392副詞節での主語とbe動詞の省略

Make sure you listen to the teacher when studying in English.

You are liable to fail this test.

Otherwise,I will do this.

Be careful to not injure your back.

He has a big muscle.

She put too much strain on her shoulders.

<副詞節での主語とbe動詞の省略>

副詞節が現在[過去]進行形の文である場合、主語とbe動詞が省略されて「従位接続詞 + Ving」となることがあります。これはwhileとwhenが導く副詞節でよく起こりますがasif、as thought、though、althoughが導く副詞節でも見られることがあります。



posted by Atom at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

ALL IN ONE 391

391副詞節での主語とbe動詞の省略

I complained,"I have to get up early tomorrow morning."

While on duty,You have some rigid rules to observe.

For instance,he can speak English whenever.

She was strictly prohibited from going out.

<副詞節での主語とbe動詞の省略>

副詞節が「while[when,whether]」+ 主語 + be動詞 + 前置詞句」となる場合、しばしば、「主語 + be動詞」が省略されて、「while[when,whether]」+ 前置詞句」になります。

(例)
When in Rome,do as the Romans do.
郷に入っては郷に従え。

posted by Atom at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

ALL IN ONE 390

390副詞節での主語とbe動詞の省略

This is one of the principles on which this social system is fuounded.

Is this your assumption ?
(assume(動詞) (根拠なく)だと考える、仮定する)

One is presumed innocent until proven guilty.

posted by Atom at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

ALL IN ONE 389

389副詞節での主語とbe動詞の省略

It goes without saying you,as well as your children can go there.

Is he grown-up ?

Everyone has fundamental human rights.

He made mistakes,as known by everyone.

<副詞節での主語とbe動詞の省略>

「主語とbe動詞の省略」は全ての副詞節で行われるわけではなく、主として省略が行われるのは以下の従位接続詞が導く副詞節です。

・if
・unless
・when
・while
・until[till]
・once
・as
・though[although]

(例)
Once (they are) broken,relationships take a long time to heal.
いとたび壊されると人間関係を修復するには時間がかかる。

posted by Atom at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

ALL IN ONE 388

388副詞節での主語とbe動詞の省略

When interviewed,he didn't talk to us.

I blamed my sad on the their's act.
(blame A on B AをBのせいにだとする)
(blame B for A Aに対してBを非難する)

They are ampires of this match.

"To put it bluntly,you are wrong."

He was defeated by her,not her brother.

Is she my opponent ?

<副詞節での主語とbe動詞の省略>

副詞節で主語とbe動詞が省略される場合の大半は副詞節が受動態で、主語とbe動詞が省略されて「過去分詞」が残るケースです。

posted by Atom at 08:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

ALL IN ONE 387

387副詞節での主語とbe動詞の省略

The products made of this type of vinyl is useful for you.

Do you have some negative features of this car ?

The material wil give off poisonous gas,if burned.

Heat it at high temperatures.

<副詞節での主語とbe動詞の省略>

副詞節(=従位接続詞+文)では「主語とbe動詞」の両方が省略されることがあります。

従位接続詞 (主語+be動詞) Vpp[形容詞、前置詞句、Ving]

この省略は原則として「副詞節の主語と主節の主語が同じ」であることが条件となります。

posted by Atom at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。