2009年09月11日

ALL IN ONE 314

314仮定法過去:現在の空想

"If I were you,I would let him free."

I can make better use of the tool.

He suggested the news was not true.

She reaacted with rage when she heard it.

"Mind your own business"he said.
(Mind your own business =(It's) none of your bisiness)

I think it has nothing to do with him.

*S have nothing[little,something,a lot] to do with
Sは・・・と何も関係がない[ほとんど関係がない、少し関係がある、大いに関係がある]

<仮定法の現在の空想>
仮定法の主節では事実に反するか否かを意識はせず、単に結論を想像[空想]しながら述べます。If節のbe動詞は口語ではwasがしばしば用いられます。書いて法の主節は現在と未来が同じ形なのでその区別に神経質になる必要はありません。

posted by Atom at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。