2009年07月27日

ALL IN ONE Column 10

英会話の上達法

日本人の英語学習者はよく「英会話が苦手」と言われます。どうすれば英会話がうまくなるのでしょうか。

日本人学習者は「日用的」な英語のボキャブラリーが不足しています。まじめに受験勉強をして英語の成績もまずまずで英文もそこそこ読める。けれども英語での簡単な受け答えがうまくできないとか、電話でうまく対応できないという人が多いのです。これはその気になれば簡単に克服できます。

書店の学習コーナーに行って日常会話の書籍を買い、外国人との日常のやりとりで必要になりそうな表現を片っ端から暗記していけばよいのです。最初から順に覚えていくのではなく、自分が必要とする表現だけをピックアップして覚えていきましょう。

しかし「日用的」な英語のやり取りだけでは会話はすぐに行き詰ります。やがては自分のことや家族のこと、友人や社会のことを話したくなります。そうなるともう「日用的」な英語の丸暗記では対応できません。必要なのは英語での「読書」です。自分が趣味のある内容の記事や評論をどんどん読んでいきましょう。使えそうな言い回しがあればノートに書き留めて口慣らしをするとよいでしょう。読書によるインプットが増えるとやがてそれが聴き取りやスピーキングに反映され、徐々に中身の濃い英会話が行えるようになります。
posted by Atom at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。