2009年06月08日

ALL IN ONE 240

240前置詞+関係代名詞が副詞句になる場合

The solar system was formed approximately 4.5 billion years ago.
(approximately = about)(trillion 1兆(の))

The team, to which Tonny and I belong,is very strong.

Do you know Mars ?

If asteroids or comets woluld fall off on the Earth,the tragic catastrophe would be given us by it.

posted by Atom at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

ALL IN ONE 239

239前置詞+関係代名詞が副詞句になる場合

The vivid film astonished me.
(film(英) = movie(米))

This picture is based on his imagine.

The famous writer's autobiography is wonderful.

The old man lived through the reign of terror.

My fahter went to the station in which innmumerable people was waiting for him.

People slauthered would feel very sad.

posted by Atom at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

ALL IN ONE 238

238前置詞+関係代名詞が副詞句になる場合

Do you know about heredity ?

It is the biological process that fetures of human are passed on from parents to their offspring.

This is the biggest room in which many people are playing chess.

We all have our genes.

Do you look like your father ?

I don't a brother or a sister.

I like both Dad and Mom.

<前置詞+関係代名詞による副詞句>
関係代名詞は説明文の文頭で主語、目的語、補語のいずれかの役目をするため後ろには「主語、目的語、補語が欠落する不完全な文」が続きますが「前置詞+関係代名詞」や「関係副詞」は後ろに文の要素が欠落しない完全な文が続きます。

@先行詞が人以外の場合

先行詞 前置詞+which SV...  <先行詞>すなわち<前置詞句>、SはVだが

A先行詞が人の場合

先行詞 前置詞+whom SV...   <先行詞>すなわち<前置詞句>、SはVだが

(例)

I know his father with whom I would often play baseball.
私は彼の父親を知ってますがよく一緒に野球をしていました。

*この構文ではwhichをthatで置き換えたり、whomをwhoやthatに置き換えることはできません。


posted by Atom at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

ALL IN ONE Column 8

シャドーイングの効用

シャドーイング(shadowing)とは英文の発音を真似てその「影を追うように発音する」ことです。シャドーイングはリスニングとスピーキング能力を同時に鍛えることができる効果的な訓練方法です。具体的な効果は以下のようなものです。

・自然な英語のリズムはイントネーションが身につき、音の省略や変化のコツがわかる。

・英語を話す時に使う口の筋肉が鍛えられると同時に発声が腹式呼吸になり、発音がネイティブに近づく。

・リスニングを行う際の集中力が高まる。

・英文の短期記憶(聞いた後、数秒間の記憶)が容易になる。

シャドーイングを行う際は英文を見ず耳だけに頼りネイティブの発音とイントネーションを忠実にまねてください。イヤホンやヘッドフォンを使い、お腹に力を入れ、できるだけ息継ぎなしで発声すれば次第に複式呼吸ができるようになります。正確なシャドーイングができるまで何度も繰り返し、発声できない部分は英文を確認します。またシャドーイングは文の意味を考えならがやることが大事です。
posted by Atom at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

ALL IN ONE 237

237関係代名詞節の二重限定

I feel pity for people lost their children.

This is my teacher I respect who are 28 years old.

He is suffering extreme sadness.

There are a lot of poverty in the world.

I wonder what my son has got to study in the future.

She is looking forward to her birthday.

<関係代名詞による二重の限定>
1つの先行詞を2つの関係代名詞節が修飾すること。

先行詞 関係代名詞節1 関係代名詞節2

<先行詞>、すわなちそれは1であり、2であるが...


posted by Atom at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

ALL IN ONE 236

236複文構造の関係代名詞

There are riot police in the building.

He clashed with his frined.

Violent bob attacked people suddenly.

He is protesting his teacher.

This is a Supreme Court ruling.

That is a new car that I think is useful for many people.

Who maintained that it is a gross injustice ?



posted by Atom at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

ALL IN ONE 235

235複文構造の関係代名詞

The fouder of the building delivered a sermon.

He knows the new religion well.

she has a passionate decision.

Does he have the worship of money ?

This is a new book,which he asserts is the best in the world.

Do you think it is the root of all evil deeds ?

<複文構造の関係代名詞(whichが主語の場合)>
例文のwhichは目的語ではなく主語です。この文は説明文が主語の関係代名詞で始まり、後にSV(that)節という複文が続いています。assertsが取るthat節で主語の欠落しているのは関係代名詞whichが前にでているからです。thatを省略するのは省略しないとthatがisの主語に見えてまぎわらしいためです。

posted by Atom at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。